通訳ガイド試験までの戦略 - 通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室

通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室 ホーム » スポンサー広告 » 通訳案内士国家試験 » 通訳ガイド試験までの戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通訳ガイド試験までの戦略

4月になり、ぐっと今年の試験までが近づいてきたように感じる方も少なくはないと思います。

今年の試験に合格するには、まず戦略と立てることが重要です。

今日は、この戦略について、正規受験者(英語筆記試験を含む4科目受験者)と英検1級免除受験者に分けてお話をしたいと思います。

<正規受験者>

試験での得点目標を、英語は70点以上を目指し、日本地理、歴史、一般常識は平均点ぎりぎりとします。

そのために、戦略としては、できるだけ英語に集中することです。

日本地理、歴史、一般常識の3科目の内、得意科目であり、過去問で70点以上取れている科目があれば、ほとんど勉強せずにその分を英語に時間を費やしましょう。

私は、地理が得意科目であったので、ほとんど勉強せず、その分を英語に時間を費やしました。

<英検1級免除受験者>

日本地理、歴史、一般常識は、できるだけ早く合格できるレベルまで持っていきましょう。

おそらく、英検1級免除者受験者は、すんなり1次試験は通過できると思いますので、2次試験対策をできるだけ早く始めることをお勧めします。

2次試験対策として、日本事情関連の学習と時事・ガイド用語の暗記があります。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tourguidestep1.blog13.fc2.com/tb.php/186-71a8f7c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。