還暦っていったい? - 通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室

通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室 ホーム » スポンサー広告 » 日本事情関連 » 還暦っていったい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還暦っていったい?

還暦は、60歳のことを指すのは、みなさんご存じだと思いますが、還暦っていったいなんだろうと疑問の方も多いかと思います。

今日は、還暦に関連して、十干十二支について考えたいと思います。

還暦とは、一言で言って、この十干十二支が一巡するのにかかる年数のことです。

一巡するのに60年かかるのです。

では、この十干十二支とは、

十二支は、皆さんご存じだと思います。

そう、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥で12年で一回りとすると、現代でも日本人の生活になじんでいます。

また、月だけでなく、年や日、時間、また方位にも割り当てられていました。

十干の方は、あまりなじみのない方も多いと思います。

私もそうです。

五行説の木、火、土、金、水がそれぞれ兄(陽)と弟(陰)に分かれて十干になります。

五行説とは、古代の中国の思想で世の中はすべて「木」、「火」、「土」、「金」、「水」の5つからなるという思想である。また、木は燃えて火を作り、火は灰から土を作る、土は金を作り、金から水ができる、そして水は木を育てる。というものです。

その五行説のそれぞれに兄(陽)と弟(陰)に分かれます。

木の兄が「きのえ」と呼び、木の弟が「きのと」と呼びます。

同じようにして、火の兄(ひのえ)、火の弟(かのと)、土の兄(つちのえ)、土の弟(つちのと)、金の兄(かのえ)、金の弟(かのと)、水の兄(みずのえ)、水の弟(みずのと)となります。

さらに、木の兄から水の弟までを、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸に割り当てると、十干になります。

次に、この十干と十二支に合わせます。

兄(陽)を十二支の奇数番目に割り当て、弟(陰)を十二支の偶数番目に割り当てると、

甲子、乙丑、.............................................癸亥

となり、60年で一周期になります。

これが、還暦の正体です。

また、「今年の干支は?」とよく聞きますが、この干支(えと)は兄(え)と弟(と)で「えと」となることが由来らしいです。

私が生まれた年は、「乙巳」です。その翌年が、「丙午」で、あまりよくないことは知られていますね。

<英語表現>

十干: the 10 calendar signs, Celestial stem

十二支: Chinese zodiac

十干十二支: the sexagenary cycle

還暦: the anniversary for the 60-year-old


参考web:http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/calendar/10kan12shi.htm

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tourguidestep1.blog13.fc2.com/tb.php/159-f6af0471

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。