FC2ブログ

第二次試験に向けて、来年の試験に向けて - 通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室

通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室 ホーム » スポンサー広告 » 通訳案内士国家試験 » 第二次試験に向けて、来年の試験に向けて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次試験に向けて、来年の試験に向けて

通訳案内士第一次試験から一ヶ月がたち、通訳ガイドコースのある各校でも第一次試験の解答セミナーなども終了し、だいたい今年の出来も確認できたことだと思います。

第一次試験で合格ボーラーラインを超えた方は、第二次試験に向けて準備を進めてください。

合格ボーラーラインが難しい方は、開き直って、試験勉強中にできなかことをしましょう。または、来年の試験に向けて再出発をしましょう。

「合格するまで受験し続けましょう」

まだ、一次試験の合格発表まであと一ヶ月半もあります。
うーん、やっぱり時間かかりすぎです。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

前に進む姿勢が大切ですね

CELの2次対策コースの予習をエクセルを使って回答づくりに励んでいます。エクセルだと派生質問を挿入していけるので便利ですね。
H予備校はCELの人気に圧され、教材や講座のバーゲン始めました。「合格者全国一」の看板は怪しいものです。

1次試験の結果がどちらに転ぼうと、今、二次対策学習を進めることがとても大事なことだと思います。

2010-09-28 05:10 │ from 宮本URL Edit

今は二次試験の勉強することをお勧めします。

宮本さん
こんばんは。
相変わらず、二次試験に向けて着々と準備されているようですね。

「情報のハロー、実力のCEL」ですね。

さて、
一次試験の出来にかかわらず、今は二次試験の勉強することをお勧めします。
いずれは、通る道ですからね。

2010-09-28 22:15 │ from きんちゃんURL

さすが!CEL

適切なアドバイスを頂戴しました。

「意識しておいていただきたい点は、本当の面接試験ではテキスト通りに話は進まないということです。
テキストで学んだことをどれだけ広げて使うことができるかどうかを常に考えている必要があります。自分が言いたいことを出来るだけシンプルに発言できるようにノートにまとめておくことをオススメします。」

そうですね、「日本語による箇条書き→分かり易い英文で表現」というプロセスは、面接時の展開での応用力を養うことになります。

という訳で、大学ノートの1ページを3分割し、①質問 ②日本語の箇条書き ③シンプルな英文センテンス という形に編集し、ノートつくりを始めました。これならリラックスして、楽しく取り組むことが出来ます。

2010-10-02 17:07 │ from 宮本URL Edit

自分なりの説明をまとめる時期

宮本さん
こんばんは。

早く自分の勉強スタイルを確立させ、準備をすることが重要だと思います。
今は、日本事情に関する事柄に対する自分なりの説明をまとめる時期です。

11月からの実践練習ができるように準備をしましょう。

最後にCEL受講生の合格率は、全国平均(観光庁から発表さる合格率)の2倍です。

2010-10-03 19:19 │ from きんちゃんURL

トラックバック

http://tourguidestep1.blog13.fc2.com/tb.php/116-635fbc86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。